Relaxing Moments &
Natural Wellbeing

フィンランドのサウナの歴史に深く根づく

フィンランドでは、サウナに行くことは伝統の一部です。昨今、サウナとスパが提供する体験は世界中で関心を集めています。健康へのプラス効果、幸福への関心の高まり、中産階級層の拡大は、世界に1,500万を超えるサウナが建設されることを示しております。 ヒーターからサウナ/スパソリューションまで 現在、HARVIAは世界をリードするサウナとスパの会社になりました。1950年にTapani Harviaによって設立されたフィンランドの会社は、技術的に高度なサウナヒーターメーカーから、80か国以上で製品とソリューションを提供可能なサウナ/スパのブランドに進化しました。 サウナの熱気で安らぎを 世界的なウェルネストレンドが勢いを増している中、サウナの熱気により提供される健康上の利点と安らぎ効果は、ますます関心を集めています。これは、世界中でのサウナの人気に貢献しています。

史上最高のサウナヒーター

フィンランドのサウナは、湖畔のコテージ、プライベートアパートメント、会社などにあります。フィンランド人は、入浴するだけでなく、リラックスしてストレスを和らげたり、健康と安らぎを維持したり、重要な決定事項を検討したりする為、サウナへ行きます。実際、会社の創設者であるTapani Harviaは、1947年に自身の飛行機が氷湖に墜落し、偶然湖畔にあったサウナに向かい、温まる事で命が助かりました。こうした経験から、彼は人々がサウナに行く目的を明確に持つサウナヒーターを作りたいという考えに至りました。

1950年代:サウナストーブ生産開始

Harviaの創設者であるTapaniHarviaは、1950年に彼自身が使用する最初の薪ストーブを製造しました。販売を目的とした最初のHARVIAストーブは1950年代半ばに製造されました。1950年代後半、HARVIAは継続的にストーブの製造を開始しました。その10年間、Harviaは年間平均約100台のストーブを製造していました。

1960年代:着実な成長

HARVIAの生産量は1960年代に着実に増加しました。10年後、同社は年間約1,000台のストーブを製造していました。

1970年代:ムーラメへの移転

1970年代初頭、ハルビアはフィンランドの町ムーラメに移り、そこに新しい工場を建設しました。10年の間、会社は毎年約30%のペースで成長しました。1970年代の石油危機は、フィンランドの薪ストーブ製造事業にプラスの影響を及ぼしました。薪ストーブは、省エネの推奨事項に従って、家庭用燃料を使用することで人気が高まりました。

1980年代:電気サウナヒーターの導入

HARVIAは1980年代に薪ストーブの世界有数のメーカーになりました。フィンランドの強力な都市化とライフスタイルの変化の結果、電気サウナヒーターの需要が増加しました。10年後、HARVIAは薪ストーブの製造と並行して電気サウナヒーターの製造を開始しました。

1990年代:海外への展開

1990年代、HARVIA製品を中央ヨーロッパに輸出し始めました。間もなく、ハルビアの輸出はロシア、東ヨーロッパ諸国、米国、極東に拡大しました。1992年、Tapani Harviaは、フィンランド中部で起業家オブザイヤーの称号を授与しました。

21世紀初頭:世界をリードするサウナヒーターメーカー

50年の間に、HARVIAは小さなワークショップから180人の従業員を抱える会社へと発展しました。HARVIAは、サウナヒーターの世界有数のメーカーになり、サウナ入浴に関する蓄積された専門知識に基づき、サウナ/スパソリューション全体をカバーするようになりました。同社はグローバルに輸出しています。2000年、Harviaは、その業績が認められ、フィンランド企業連盟の全国起業家賞を受賞しました。

今日そして未来:サウナ/スパ体験のグローバルリードカンパニー

HARVIAは、心休まるひと時と自然が生み出す幸せをお客様に提供することに情熱を注いでいます。HARVIAは、サウナヒーター、スパ、およびサウナ入浴に関連する製品の積極的な開発を続けています。人々が自身の健康を意識するという世界的なトレンドは、HARVIA製品の革新的進化を実現しております。

harviagroup.comで当社のウェブサイトをご覧ください

会社としてのHARVIA

HARVIAは、サウナおよびスパ市場のグローバルリーダーカンパニーです。私たちは、自宅でも公共のサウナやスパ施設でも、人々に心休まるひと時と自然が生み出す幸せを提供したいと考えています

サウナやスパは、世界中で関心を呼んでいます。これは、勢いを増し続けている世界的なウェルネストレンドを反映しています。サウナの健康への影響と世界の中産階級層の購買力向上は、世界中のサウナの増加につながっています。

HARVIAには、ヒーターとサウナ/スパの全体ソリューションまで、包括的なサウナとスパの製品範囲があり、消費者と業界の専門家の両方のニーズに応えます。

安定した収益性の高い成長
HARVIAは、販売成長と買収を通じて着実に収益を増やしてきました。2019年のHARVIAの収益は7,410万ユーロ、調整後営業利益は1,390万ユーロで、収益の18.7%でした。

HARVIAは、ヨーロッパ、北アメリカ、およびアジアで500人を超える専門家を雇用しています。同社の従業員の約50%は、本社と工場があるフィンランドの町ムーラメで働いています。

image description
お問い合わせはこちら

HARVIA製品の取扱いは
TTNE株式会社にお問い合わせください

Top